貴方は知っている?血液クレンジングについて

Posted by , 2015年6月20日

血液クレンジングとは何?

オゾンガスを用いた療法の一種で、体から採取した血液50~200CCにオゾンガスを混合させてオゾン化した血液を体内に戻す治療法になります。日本では一般的に大量自家血療法になりますが、少量自家血療法では3~5CCに血液をオゾン化させて筋肉注射で各部位に戻す形になります。ヨーロッパでは肝炎やHIVの増殖抑制治療に行いますが、免疫力アップ作用に優れている為に癌の補完療法に用いるケースもありアトピー性皮膚炎やアレルギー疾患の治療でも使われます。

作用と効能は何があるの?

効果の一つに体内の酸素化が挙げられますが、血液が酸素と結び付いて赤くなるのは特に作用秩序はなく血液に取り込まれた酸素が虚血部分で酸素を離しやすくなり作用します。オゾンが白血球の単球などに反応するとインターフェロンなどのサイトカインが上昇して免疫機能が改善しますがウィルスが減少するのはオゾンの殺菌作用ではなくサイトカインの放出によるものだと考えられています。抗酸化力が向上してアンチエイジング作用が高まります。

血液がサラサラになる?

ドロドロの血液は血栓などの異常をもたらすだけでなく赤血球を変形させて酸素を運ぶ機能に影響が出るので、サラサラにする必要がありますが食事療法で中々改善が見られない場合に威力を発揮します。ウィルス感染などの疾患ではなく健康維持であれば月に1~2度程度行うと良いですが、ウィルス疾患や癌の術後など免疫機能の向上が必要な場合は週に1~2度クレンジングする必要があります。何度か回数を重ねる事で作用や効果が高まります。

血液クレンジングによって血液を綺麗な状態にすることで様々な症状を改善して健康的な体の維持が目指せます。

血液クレンジングの口コミの他の記事
血液クレンジングの効果の方はこちら